イタリアン グルメ 泉北地域 泉大津市 泉州カンブリアップ宮殿

「マネでもいいから!」新しいを泉州へ届けるボスコリサイア@泉大津市

今回は泉大津市でイタリアンレストラン「ボスコリサイア」を営んでおられる、森田さんの所へお邪魔してきました!

せっかくの記念日に気合を入れて高級店に行ったけど

テーブルマナーがわからずに失敗した事無いですか?

フォークとナイフが使い慣れずに、心の中で。。。

お箸くれーーーー!!」って叫んだ事が懐かしいです。(笑)

 

イタリアンと一口に言っても、一皿1000円以内で提供されるものから

手が込んだ物まで幅広いです。

本格的なイタリアンをカジュアルに試す事ができるお店はなかなか無いと思います。

記念日を味気ないものにする前に。

ボスコリサイアに行けば間違いない!!

 

ボスコリサイアの紹介をするで!

店主の森田さんは、おしゃれパーマに刈り上げがトレードマーク!

奇抜なのにカッコつけない人柄のギャップを味わって下さい。

 

決して遊びではない!料理作りは真剣勝負!

チェーンのイタリア料理屋が全てでは無いと語る森田さん。

イタリアンの奥は深いことを知ってほしいという想いが下準備からも伝わります。

 

 泉州では新しい勉強になるイベントも開催しています!

ワインの試飲会を開催して、料理とワインの相性を教えてくれるセミナー型イベントなど開催しています

2018年2月にワインとワイングラスの関係についてのセミナーも開催されます。

 

1ランク上の大人になる為の知識を提供してくれるお店は珍しいですね。

 

奥深いイタリアンをワインと一緒に味わおう!

ガッツリとしたお肉料理から、手間暇かけた煮込みまで

繊細なワインの味と料理のコラボレーションを手軽に楽しむ事ができます。

 

森田さんの「泉州への想い」インタビュー

東京や大阪市内でマネでも良いからどんどん新しいイベントを発信していく。

それが目新しさを作るカギになる。

 

イタリア料理をもっと身近に!

TOMO
お仕事をする上で大切にしている事は何ですか?

 

特別な日に、よそ行きのものを食べたいけどどんなものを選んで良いかわからん時ってない?

イタリアンって言ってもホテルに入るような高い店も多いからな。

この店ではカジュアルにイタリア料理を楽しんでほしいって思ってるねん。

 

味気ない想い出にしないために!

TOMO
確かに、イタリアンって高いイメージありますね!

 

『入りづらいって言われるけど、この店はそうでもないようにしてるねん!

ガッチリした大阪市内の店で、せっかくの思い出を棒に降らんためのお店として

ステップアップするためのクッション的な立ち位置でありたいと思ってる。』

 

泉州は遅れてるイメージを持たれてる

TOMO
そんなお店絶対大事ですよね!!

 

実は、泉州って大阪市内では5年遅れてると言われてるねん。

ファッションに関しても

料理に関しても

スタイルに関しても。

 

そんなイメージを変えたくて、自分ができる事を発信してる。

ボスコリサイア

 

泉州ではなかなか無い勉強会を発信している!

TOMO
例えば、どんな事をされてるんですか?

 

『例えば、イタリアのワインメーカーを呼んでメーカーズディナーを泉大津市で初めてしてみたり

今度、泉州初のワイングラスセミナーも開催する予定もある

その時はワイングラスメーカーの人に来てもらって、4種類のグラスを試してもらう。』

 

TOMO
ワイングラスで味が変わるんですか?

 

グラスの違いで口の中に流れ込んでくる角度も変わるし、香りの感じ方も変わるからな。

広い口のグラスは何のために広くしているのか?

狭い口のグラスは何のために広くしているのか?

そういったセミナーをするねん。

しかも、その4種類のグラスは持って帰ってもらうから、家でも色々試す事ができるねん。』

 

ワイングラスの知識があったら、高い店でも指摘できたりするし

提供するほうも本気になるからな!

モテるでー!(笑)』

 

イタリアンの奥深さを正しく伝える努力

TOMO
高級店で「このワインやったら広い口にグラス変えて!」とか言えたらかっこいいですね!(笑)

 

イタリアンはサイゼリアとかが全てと思われたくない奥深さがあるねん。

例えば、スパゲティとかピザだけではなくて

煮込みもあるし、他にもいろんな調理法があるしな。

 

料理を提供するだけじゃなくて、イタリアンってどんなものなんか

情報を正しく伝える努力も必要やと思ってる。

 

実は、イタリアと泉州は似ていた!

TOMO
なぜ、泉州でお店を開こうと思ったんですか?

 

泉州って、海と山に挟まれた地形やからイタリアに近いところがあるねん。

だから、泉州でとれた食材を使ったりもするで!

 

9月~11月はハリイカの子があがるからイカスミの料理が多くなる。

ハリイカの子は炊いても柔らかいから美味しいで。

大きいイカは炊いたら硬くなるからその時期だけやの限定メニューがあったりするで!』

 

TOMO
地元の素材を取り入れられてると、嬉しいですね!

 

イタリアからの輸入食材も使うけど、地元の食材も取り入れたら

発見もあるし、楽しめるやろ!

 

 

慣れ親しんでもらうステップの一つ

TOMO
他に気をつけてることとかありますか?

 

どんな人にも安心して食事をしてもらう為に全て手作りで1から仕込みしてるよ。

ほんで、イタリア料理をそのままだすのではなくて日本人の口に合わしてアレンジしてる!』

 

TOMO
そういった心配りって大切ですよね

 

『本場の味って感覚が違うかったりするから口に合わん事もあるねん。

大人って口に合わんかってもお世辞言ったりするやん?

小さい子供って正直やん。

美味しかったらもっと食べたいっておかわりするところ可愛いよな。

 

食のマリアージュを提案!

『マリアージュも大切な事やな!』

 

TOMO
マリアージュって何ですか?

 

マリアージュはフランス語で結婚って意味で、料理と飲み物の相性の事を言うねん。

どうせなら料理に合うワインを一緒に楽しんでほしいやん!』

 

TOMO
あ!聞いた事あります!!

 

『例えば、肉料理に関しても繊細な味付けもあるし、煮込みみたいにこってりしたのもある。

油のあるものは、軽いけどしっかり酸味があるワインが相性いい!

スパイシーなワインには料理にもコショウを効かせたものにする事もあるし。

元々レシピに胡椒を入れへん料理にも相性を考えて最終の仕上げに胡椒を入れることもあるねん。

だから同じ席で、違う飲み物を飲んでたら料理も全く違う仕上がりになることがある。

 

知識ってゆう付加価値を提供する代わりに、居酒屋ではない考えで来てもらいたいな。』

 

五感で感じるレストランへ!

TOMO
ほんと、細かい事にも気を使ってるんですね!ビックリします!

 

正直、美味しいのは当たり前やねん。

五感で味わって、正しい知識とか情報をもらう事でそれまでと違う楽しみを感じてもらいたいねん。

楽しい」ってのがあるべきレストランの形やからな。

 

『だから、忙しくて手が離されへん時は歯がゆいで。

お客さんと話がでけへんから、提案もでけへん時あるからな。』

 

泉州をUPするためのアイディアとは!!

TOMO
泉州をもっと良くするためのアイディアなどありますか?

 

『それぞれが、泉州でも新しいイベントを考えて目新しさをどんどん出していく事は大事やと思う。

いいなと思ったら、周りもそれを応援する事がたいせつやでな。

新しい事を、東京とか大阪市内のマネでも良いからどんどん取り入れていく事はほんまに大切やで!

 

料理雑誌の編集者に人に南大阪特集ってあんまり無い事を言ったら、南大阪の情報をのせても売れへんって言われた事あるねん。

でも、普段から入っていないから興味を持つはず無いよなって思う。

そういう意味では、スポットではなくてコンスタントに情報を発信していく努力は大切やでな!

 

あと、泉州で言ったら底上げするとなったら祭りに特化して行くのも手やけど

真逆の新しさを追求していくのも1つやでな!!

 

オーダーメイドのイタリアンを提案!

今回、インタビューをさせていただいて「汗水流して 働いて得たお金を頂く以上、料理は美味しく、仕上げて当たり前!

まさにこの言葉に全て集約されているんだなと思いました。

食べて美味しいだけでなく、ワインの香りを楽しむ事も

綺麗な盛り付も、落ち着いた雰囲気も全て含めて食事だなと再確認しました!

 

それに加えて、正しい知識まで教えてくれる

まさに、ステップアップするためのお店だなと思いました。

お高いイタリアンデビューの前のに絶対行っておきたいお店ですね!!

 

ボスコリサイアのギャラリーはこちら!

店舗・企業情報

店舗・企業名

Bosco Risaia(ボスコリサイア)

インタビュイー

森田 真一郎

事業内容

イタリア料理

予算

グラスワイン 600円~
お料理 450円~
お一人様ご予算 4500円~

ウェブサイト

https://boscorisaia.jimdo.com/

住所

大阪府泉大津市旭町19-2

連絡先

0725-92-7373

LINE ID
定休日

月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

駐車場

20数台3時間無料の駐車場

スポンサードリンク

-イタリアン, グルメ, 泉北地域, 泉大津市, 泉州カンブリアップ宮殿
-,

更新日:

Copyright© 泉州UP!!-泉北・泉南地域の街ネタをおもしろくお届け! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 泉州UP!! , 2017 All Rights Reserved.