堺市 泉州スクープ! 関西地域別

【都市伝説】仁徳天皇から紐解く裏日本史!

今回、仁徳天皇を調べるにあたって本当に多くの資料や文献を読み漁りました。

その中で、も「マジか!!

と驚く情報がいくつかあったのでご紹介します。

 

 

TOMO
あくまで都市伝説としてお読み下さい

 

天皇家朝鮮混血説!

いきなりブッコミました!

正直、賛否両論あると思いますが書いちゃいます。

 

まず、仁徳天皇のおじいさんの仲哀天皇まで話が戻ります。

第14代 仲哀天皇

(神功皇后)

第15代 応神天皇

第16代 仁徳天皇

 

仁徳天皇の父親(応神天皇)が生まれる時のお話に遡るんですが

第14代 仲哀天皇が即位後9年2月にお亡くなりました。

 

妻の神功皇后が仲哀天皇の遺志を継いで女帝の座に着き

同年10月に海を越えて新羅(朝鮮半島)へ攻め込み、服従させて帰ってきた

 

そして、同年12月に応神天皇を出産とあります。

 

TOMO
確かに仲哀天皇が亡くなってから10ヶ月やしありえるか…

って思うけど仲哀天皇が亡くなる10ヶ月前に戦で矢が当ったと言われている。

 

そこで思うのが、「矢を受けて重症を負った52歳のおじ様が子作りできるんかな…

っていうところがポイントになります。

 

応神天皇大阪に都を移す説!

次に気になるのが、大和国(今の奈良県)から大阪に都を移した事が知れれています。

奈良のままでもじゅうぶん暮らせたのにナゼ大阪に都を移したのかという謎が出てきます。

 

それは、港が近い事と平野部を利用して農作物が作りやすい事とされています。

 

TOMO
ちょっと待って!

それだけでは何も謎になってない!!

 

朝鮮半島からの渡来人来朝説!

応神天皇の時代からナゼか渡来人(海を渡ってきた外国人)が応神天皇のもとを訪れたとされています。

 

朝鮮半島から来た多くの朝鮮人の知恵を借りて、池を作ったり、蝦夷(現在の東北周辺)を平定したとされています。

 

渡来人の仲には漢民族(中国人)の姿もあったらしく、この頃に儒教や漢字が一部伝わった可能性もあるとされています。

 

 

TOMO
急に来ましたね!

渡来人

神功皇后が服従させたとされる朝鮮人が技術を持って日本にやって来て

池を作ったり、天皇反抗勢力を平定しに行ったとさ。

 

文字や文化も持って来た事が真実であれば日本よりよっぽど先進的な文化が朝鮮にあったことになります

 

何かおかしくありませんか?

 

朝鮮人は親戚説!

応神天皇の母神功皇后が朝鮮を平定しました。

その後、応神天皇に代替わりして大陸の技術や文化を持った朝鮮人技術者がやってきました!

 

TOMO
って虫が良すぎませんか?

 

他国から侵略されて「クソー」って思ってる人々が

依頼があったとしても「喜んで!!って二つ返事で命がけで海を渡って来ますかね?

 

神功皇后が朝鮮人を服従させた事が疑わしく感るのが

日本よりも高度な農業技術や文化がある上に、日本よりも強い武具や戦略があった可能性は大いにあるということなんです。

 

それは、朝鮮半島の真横にある中国ではこの頃、三国時代が終わり晋の時代が始まっていた

そうなれば陸続きの朝鮮まで技術が届いててもおかしくないし、論語や孫子の兵法が伝わっていても何も不思議ではないということです。

 

TOMO
はたして神功皇后は朝鮮を服従させたのか!

それとも、和睦という形で子孫に有利になる条件を整えたのか

つまり、朝鮮半島に居る権力者の子供を授かって帰国する事で技術を渡来させる策を考えたという説は自然に受け入れやすいです。

 

仁徳天皇大改革時代の謎!

前回の記事【これでバッチリ!世界遺産仁徳天皇陵】でお話をしましたが

凄く腑に落ちない事がいくつかありました。

 

卑弥呼の時代に交流があった先進国中、国との国交がなくなったのにもかかわらず

外交を円滑にするための土木工事を行った事

(日本最古の大規模土木工事)

川を引いて稲作を発展させた事

(川を引いて巨大な都を創った)

 

応神天皇まではあまり動きが無かった公共事業が、仁徳天皇の時代に一気に進められた事

都を形作る為の川を引き、稲作を発展させたり川へ船の往来もこの時既にあったそうです。

 

 

 

TOMO
大規模土木工事に関しては、川沿いにに20キロ以上堤防を作らせた

海沿いにも堤防を作らせたとされています。

 

たった一代でこんな大規模な発展を一気にできますかね…

そもそも技術はどこからやってきたのか?

 

中国との外交がなくなったとはいえ朝鮮半島からの渡来人がこの時続いていたと考えると納得できると思いませんか?

 

川を作った理由は農業用では無かった説!

ある学者さんは、農業を進める前に川を引いた理由を、「あるもの」を見つける為に巨大な川を何本も引いたと言われています。

 

それが…

 

」です。

川を引いて砂金をとる技術はが当時大陸から伝わっていた可能性もあるらしいです。

証拠に、金でできた甲冑など金製品が古墳から出土しています

 

 

謎多い日本のミステリー

何ともミステリーです。

現代では、韓国と日本でギクシャクしがちですが

あくまで仮説のお話ですが、もし応神天皇に朝鮮半島の民族の血が流れていたとしたらそれはそれで大発見になるかもしれません

 

仁徳天皇という名前と、人物の物語から儒教の教えである「徳」にまつわるお話も色濃く描かれている事からも、大陸の文化が伝来した事を想像させるも物になるかもしれません

 

とはいえ、応神天皇は仲哀天皇の子供で、ちゃんと十月十日で生まれた事も考えられます

だとすると、神功皇后がスーパードエス女帝だった説もあるので何ともいえませんね!(笑)

 

TOMO
諸説があるにせよ、文字が伝来する前という事と中国がごたごたしてた事で諸説が薄い時代の考察は面白い!!

 

勝手に紹介のコーナー

本文に入れれなかったけど、泉州UPが「面白い!!」と思った諸説を勝手に紹介します!!(笑)

 

第14代天皇 仲哀天皇が面白い!

仲哀天皇のお父さんは日本武尊で、日本武尊が亡くなった時白鳥の姿に変わって飛び立った。

それを見て、白鳥の狩を禁じたらしい。

 

日本武尊と言えば白鳥の姿になって飛び立って、降り立った場所が先日取材させていただいた【大鳥大社】です。

気になる方は是非読んでくださいね!

【大鳥大社で人生の必勝祈願!@堺市鳳】

 

仲哀天皇の身長がメッチャ高い説!

書物に身長一丈って文字を見て、ちょっと好奇心が沸きました。

身長一丈…

何千センチ??って思って調べたら驚きの結果が!!

 

仲哀天皇の身長3m!!

 

TOMO
ギネス記録超え!!(笑)

信じるか信じないかはあなた次第!!

 

仲哀天皇はお父さん日本武尊が治めた熊襲にやられる

仲哀天皇の父日本武尊の武尊(タケル)は熊襲(熊本にいた原住民)を平定した時に強敵と戦った。

その名は熊襲武尊(タケル)日本武尊が勝利した時に、熊野武尊が「お前に武尊の名をやろう」と言って果てた。

そこから日本武尊と名乗るようになったと逸話がある。

 

にしても、息子の仲哀天皇が熊襲にやられて死んでしまうという悲しい結末…

 

TOMO
ちなみに、それまでは九州に都があったとも言われています。

 

ヤマトタケルの前はヤマトオグナだったらしい

 

応神天皇のお墓とされる古墳が二基ある!

一つは宮内庁が管理している羽曳野にある古墳。

もう一つは、堺市に(仮)として残っている。

 

TOMO
もしかしたら、本物は堺市にある方かもしれない!

 

天皇家メッチャ長生き!

仲哀天皇は戦の傷が原因で52歳で召されましたが息子たちがヤバかった!!

 

  • 応神天皇…古事記によると130歳
  • 仁徳天皇…日本書紀によると143歳

(長生きしたとされる文献を参照)

 

TOMO
143歳が本当なら今の一般人男性の2倍は生きてる事になりますね!!

文字が伝来(輸入)してきていなく、はっきりした書物が残っていない存在だからこそあえて信じてみるのも面白いと僕は思います。

 

楽しんでもらえたら嬉しいです!

ではまた。

-堺市, 泉州スクープ!, 関西地域別
-, , , , ,

Copyright© 泉州UP!!-泉北・泉南地域の街ネタをおもしろくお届け! , 2020 All Rights Reserved.