【蛸よし】店主が語る食へのこだわり(岸和田市)

岸和田市にある鉄板焼き蛸よしさんの並々ならぬ食への安全性とこだわりについて聞いてきました。

 

土作りから徹底して化学肥料や農薬を使わない栽培を実践されています

味噌や柚子胡椒などの調味料もできるだけ手作りの自家製を貫き、手に入る限り地元産の食材を使用してお店を営まれています。

 

自家栽培の有機野菜

蛸よしさんのお話を聞いている中で、一番のこだわりは土からこだわった野菜作り!

安心安全とよく言われるが、自分で土から育てる野菜ほど安心できるものはない

 

一見、雑草が生えっぱなしになっているように見えるが、これが土壌作りのポイントだそう

根を張ったり、枯れた枝葉が土に空気を含ませる。

その事で、雨に強い土壌と根に栄養が行き届きやすく、元気な野菜が育つそうです

 

TOMO
畑に足を踏み込んだ時、靴が埋まる感覚が、まるで新雪を踏みしめているみたいでした。

 

金ゴマやトマトなどの定番野菜から、初めて聞くような野菜

菊芋や、ヤコーンなどの聞いたことのない珍しい野菜もありました

 

できた野菜は全てお店で食べられるそうです

 

TOMO

野菜にメロンやスイカなどのフルーツまで20種類近くの作物が生っていて、特に夏は虫が増えるから苦労するとのこと。

蛸よしご主人の愛情が感じられる畑でした。

 

地元食材へのこだわり!

できるだけ自分で作る事へこだわっていても、どうしても作れない物もある。

そんな食材は仕入れるわけだか、できるだけ地元産の食材を仕入れているそうです。

 

その中でも目を引いたのが、大阪で唯一のブランド豚犬鳴豚

 

犬鳴豚の魅力

ほかの豚よりも長期育成をし、出荷前の2か月間は「おいしい肉を仕上げる期間」としてそれまでと違う餌を与えあっさりとして、甘みのある脂質といった味わいの豚が出来上がる

 

TOMO
そんな犬鳴豚を使用した蛸よしさんの豚玉は長年愛される味だそうです。

 

国産へのこだわり

その他、目にするのが国産の文字

キャベツも全て泉州産でまかなえない場合は、そのほかの産地を選ぶ事もあるそうだ。

 

そんな中で、国産という基準は守っておられるようで、お店で使われる味噌や柚子胡椒、漬物用のぬか床もできるかぎりを自家製の手作りにしているそうです。

 

泉州の美味しいを食べに行こう!

食の安全性が叫ばれる中、これだけこだわった食材を使用しても低価格を貫くご主人に感動しまし

蛸よしさんは、泉州の美味しいが詰まったお店と言っても過言では無いです。

 

TOMO
今回は畑までご案内頂き本当にありがとうございました!!

 

蛸よしご主人こだわりの畑

生命の力を感じる畑の画像達です。

-未分類

Copyright© 泉州UP!!-泉北・泉南地域の街ネタをおもしろくお届け! , 2020 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ